美容室で洗うと髪がサラサラになるのは洗い方にポイントがある!髪の毛の正しい洗い方でサラサラに

美容室で髪を洗ってブローしてもらうと、サラサラになるのに家で洗うと高いシャンプーをつかっても美容室のようにいかない。。。なんでだ!

あのキューティクル感は美容室でしか出せないのか…。いやそんなことないはず!正しいシャンプーの仕方って今まで考えたことなかったけど、ちゃんと調べてみたらあるらしい…。

ノンシリコンだからゴワつく?というのも考えたけれど、美容室で聞いたところによると、そのお店のシャンプーもノンシリコン!

でも決してシリコン入りが悪いわけでもないらしい。悪いみたいに言われてるけど毛穴に詰まったり、髪にダメージを与えるということは考えにくいそう。ボリュームを出したい人はノンシリコンがいいみたい。

まずは自宅にあるシャンプーで正しい洗い方をしてみよう!

▼正しいシャンプーの仕方

普段、何気なくしているシャンプー。じつは髪の毛にダメージを与えてしまったり、べたつき、パサつき、抜け毛などの原因にになってしまっているかもしれません。

ちょっとしたコツを知っているだけで、髪ダメージを抑え、サラサラヘアーに戻れるかも?
正しいシャンプーについて知っておきたいポイントをご紹介します。

①汚れを洗い流す

ちょっとだけ濡らして、すぐにシャンプーをはじめる方がいますが、シャンプーをつける前にしっかり汚れを洗い流しましょう。お湯を使ってシャワーで最低1分くらいは頭全体を流します。これだけで多くの汚れを落とすことができます。

②シャンプー剤はよく泡だてて!

シャンプーをボトルから手にとって「ベタ」っと髪につけるのはいただけません。すすぎ残しの原因にもなりますし、頭皮や毛穴に残ってしまうと髪のべたつきにもつながります。一番よくないのは、シャンプーボトルから直接頭にチューっとつける「直(じか)づけ」です。
適量のシャンプーを手に取ったら、手のひらでお湯と一緒に泡だててからつけましょう。シャンプーも洗顔と同じで、泡で洗うことが基本です。できれば洗顔用のネットなどを使い、きめ細かく泡立てるくらいが本当はいいんです。

③まず髪の根元から

手のひらでシャンプーをしっかり泡立てたら、まず髪の根元を中心に泡で優しく洗います。爪を立てると頭皮や毛根を傷つけますから、指のお腹で優しくマッサージするようにシャンプーます。
頭皮や髪の根元を洗ったら、だんだん毛先に向かってシャンプーしていきます。このときもシャカシャカ・ゴシゴシとやってしますと、髪が擦れてダメージヘアの原因になってしまいます。優しく泡で洗うようにしましょう。

④シャンプーを流します

髪の根元から毛先まで優しく洗い終えたら、シャワーを使ってシャンプー剤をよく洗い流します。このときも髪をゴシゴシ擦り合わせたりしないよう、優しく洗い流してあげて下さい。

⑤2度洗い

1日に2回以上シャンプーする時以外、基本はツーシャンです! ②~④を繰り返します。最後の仕上げすすぎは、シャンプーが残らないよう、しっかり2~3分間は時間をかけてすすいでください。すすぎ残しは×です!

⑥トリートメント

シャンプーをよくすすいだら、今度はトリートメントです。トリートメント剤は傷んだ髪を補修する成分が含まれていますので、必ずシャンプーの後には髪の根元ではなく毛先を中心につけましょう。もったいないなどと思わずに、トリートメントもしっかり洗い流しましょうね。

最近はトリートメント剤にリンスやコンディショナーのように髪を保護する成分がはいっている商品も多いのですが、髪を保護する成分が含まれていないトリートメントを使っている場合は髪の表面を保護するためにリンスやコンディショナーも使いましょう。

URL :
TRACKBACK URL :

*
*
* (公開されません)