通夜に弔問する際の服装 男性 女性 子供

★ 通夜に弔問する際の服装★ 

会葬者、弔問客側

弔問客は、通夜にはあまりきちんとした喪服でかけつける必要はありません。
むしろ「亡くなるのを待って、あらかじめ準備していたようだ」とも受け取れますので、喪服でなくても地味な服装であれば構わない、というのが本来のしきたりでした。

訃報を聞いて、急いでかけつけたという形となりますが、それでも派手なアクセサリーや派手な色の服は避けたほうが望ましいでしょう。

ただし、近年は、通夜のみの弔問で済ませるケースも増えてきたため、喪服での出席者が多く見られます。喪服で弔問する場合には、遺族の服装よりも格上にならないようにします。
★大人の服装マナー★

男性:グレーや紺、黒の無地のスーツ。
できればネクタイも黒色の無地で

喪服で参列するのなら上下黒のスーツでワイシャツは白。そのほかのネクタイや靴下や靴も黒で統一してください

女性:黒、紺色、グレーのワンピーススーツなど地味で装飾のないものを選びましょう。髪の毛にアクセサリーなどは必要ありません。浮きます

喪服で弔問する場合黒いワンピースが黒いスーツで肌の露出の少ないものを基準に選びましょう。スカートの丈にも注意してください。 ストッキングは肌色もしくは黒。その他バックなども黒
子供男の子:学生の場合は制服
制服がない場合は、ブレザーと白いシャツに無地の黒や紺色グレーのズボンなど。黒が無難かと思います。

子供女の子:学生の場合は制服
ない場合は黒いブレザーに黒いスカート。丈の長さや装飾品は避けましょう。明るい色のリボンや髪飾りも不要

URL :
TRACKBACK URL :

*
*
* (公開されません)